So-net無料ブログ作成

カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)

 患者にカルテを開示する態勢が整った病院でも請求件数は少なく、高額な費用などが妨げになっているとみられることが、市民団体「患者の権利オンブズマン東京」の調査で分かった。同オンブズマンは、患者が円滑に開示請求できるよう、医療機関の負担にも配慮した環境整備が必要だとしている。
 調査は昨年11月、日本医療機能評価機構の認定を受けている東京・神奈川の291病院に調査票を送付、91病院から回答を得た。
 認定病院は「診療記録の開示に対応している」との評価項目があり、開示請求の申請用紙や受付窓口、開示手続きに関する規定は大半の施設が整備していた。
 過去1年間の開示請求件数は1〜9件が29施設と最多、次いで10〜19件が16施設、20〜29件が13施設で、30件未満が7割以上。0件も8施設あった。 

振興銀捜索へ、メール削除など検査妨害の疑い(読売新聞)
<闇サイト殺人>控訴審初公判 8月9日、名古屋高裁で(毎日新聞)
<菅首相>郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認(毎日新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
福島で震度5弱(時事通信)

朝日生命からも3600万円詐取 元新聞販売店店員ら再逮捕(産経新聞)

 大手生命保険会社「朝日生命」(東京都)から保険金約3600万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は7日、詐欺の疑いで、川崎市多摩区西生田、元朝日新聞販売店店員、西村豊被告(55)=別の詐欺罪で起訴=ら男2人を再逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めている。

 再逮捕容疑は、西村容疑者が心筋梗塞(こうそく)で死亡したとする虚偽の診断書などを朝日生命に提出し、平成15年12月上旬ごろ、保険金約3600万円を管理する口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

 西村容疑者らは、実在する富山県内の医師の名前を勝手に使って死亡診断書を作成。だまし取った金は、西村容疑者が以前勤務していた法律事務所への借金返済などに充てていた。

 西村容疑者らは同様の手口で日本生命から保険金約5400万円を詐取したとして、5月に逮捕されていた。

【関連記事】
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕
「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕
わざと追突して保険金詐欺、男女4人逮捕 交通捜査課と豊中署
ホームレスの個人情報使って通帳詐取 容疑の4人逮捕
詐欺未遂容疑で2人逮捕 高級車の追突事故装う
「はやぶさ」帰還へ

慢性痛にチーム医療での取り組みを―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
首相、重ねて続投に意欲 「小沢幹事長と協力して国難に立ち向かう」(産経新聞)
スカイツリーの頂上搭着工…外から見えませんが(読売新聞)
<医療ミス>1億3674万円支払いへ 愛知・碧南(毎日新聞)
財政再建、調整難航も…公約「消費税」明記焦点(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。